検索ニーズの背景に注目

概要

キーワードはSEOにおいて最も大切な要素です。検索するユーザーの意図へのフォーカスが重要になっています。

【目次】
  • 概要
  • 検索されないキーワード
  • 検索意図をとらえる
  • 本の紹介
  • 検索されないキーワード

  • 訪問者は、こちらが想定したキーワードで検索するわけではありません。
  • キーワードとは検索で実際に使われる言葉です。
  • キーワードを入れて、空白を開けた時サジェストで補完される候補が実際に検索されるワードです。
  • 検索意図をとらえる

  • 訪問者のキーワードであることが大切です。
  • 検索数の人気度だけではなく、「検索意図」つまり背景を探ることが重要です。
  • 訪問者の意図の探り方

  • 派生語から探る
  • 例:「花粉症」
  • 派生語:「花粉症 メガネ」のようなキーワードの事
  • 花粉症:総合情報がヒット
  • 花粉症 メガネ:ECサイトや製品サイト(購入目的がありそうなワードのため)
  • →検索結果はユーザーのニーズを反映したものになっています。

    検索意図の3つの分類

  • ナビゲーショナル(案内型):社名やサービスなど固有名詞が主
  • インフォメーショナル(情報収集):悩みを解決したいというニーズ
  • トランザクショナル(取引型):購入ニーズのワード
  • →SEOを考える上で大切なのはインフォメーショナル型とンザクショナル型です。

    本の紹介


    ユーザーの検索ニーズからサイト構成を考える

    概要

    サイトに使うキーワードを考えたら次はサイトの構成を考えます。SEOの観点から重要なのは、「検索ニーズからサイト構成を考える」ことです。「検索ニーズ=訪問者の目的」です。

    【目次】
  • 概要
  • サイトの構成を考える
  • サイトマップにキーワードを書きこむ
  • 本の紹介
  • サイトの構成を考える

  • 最初にサイトの全体像を決めます。
  • サイトマップを作りサイトの構造を把握します
  • ターゲットキーワードを配置したキーワードマップを作ります。
  • サイトマップにキーワードを書きこむ

  • サイト全体を見渡せる「サイトマップ」を作成します。
  • 次にキーワードマップを作ります。
  • サイトマップにどこでどのキーワードを対策するか書き込みます。
  • 本の紹介


    検索結果の構成要素

    概要

    Yahoo!やGoogleなどを使用し、検索を行うと、様々な検索結果が一覧に表示されます。
    この一覧の事をサイトリンクと呼びますが、それ以外にも様々な工夫がされています。今回はサイトリンクの構成についてまとめました。

    【目次】
  • 概要
  • ユニバーサル検索
  • サイトリンク
  • リッチザルト
  • 本の紹介
  • ユニバーサル検索

  • 時事的なクエリに対してはニュース検索が表示されます
  • Webページだけでなく、様々な結果がブレンドして表示されることをユニバーサル検索と呼ばれます
  • サイトリンク

  • クリック率の高いリンクが自動的に選ばれる印象です。
  • ナレッジグラフ

  • 「モノ」についてユーザーが必要と思われる属性情報を表示するものです。
  • 表示される枠をナレッジパネルと呼びます。
  • リッチザルト

  • 自分のページのレビューや商品情報など特定のタグでマークアップすることで
  • 星や評価点や価格などといったデータを検索結果に出すことができます。
  • 以前はリッチスニペットと呼ばれていました。
  • 本の紹介