質の高い流入を増やす

概要

流入は数が多ければよい分けではなく、回遊やコンバーションを意識して流入の質を上げる必要があります。
各ユーザー心理でどのような広告が必要か勉強しました。

  • 目次
  • 概要
  • 流入数
  • 認知層
  • 潜在層
  • 顕在層
  • 本の紹介


  • 流入数

  • 数が多ければいいわけではない。
  • 回遊やCVを意識して質を上げる必要がある。
  • ⇒ユーザー心理と流入元の特性を組み合わせて検討
  • ユーザーの3段階の心理(認知、潜在、顕在)に応じて広告や内容を使い分ける
  • 認知層

  • 商品やサービスを知らない人=商品、ブランドを認知してもらうことが目的
  • リーチを広くとり、ユーザーの目に触れるような広告コミュニケーションを行う。
  • 潜在層

  • 広告を見てサイトへ訪問
  • 商品に興味を持ってもらうことを意識した広告サイトへ誘導
  • 顕在層

  • ニーズが顕在化しているので具体的な内容が分かる広告やランディングページを使用する。
  • 本の紹介


    認知層向けの代表的な広告メニュー

    概要

    認知層に向けた広告の役割や認知層向けの広告メニューについてまとめました。


  • 目次
  • 概要
  • 認知層向け広告はなんのためにあるか?
  • 様々な認知層向けの広告
  • 本の紹介

  • 認知層向け広告はなんのためにあるか?

  • 商品やサービスを知らなかった人が広告で認知し興味を抱かせるため=インプレッション効果
  • 不特定多数に表示されるので興味のない人にも表示される
  • 大量のユーザーが集まるサイトで展開することでユーザーに認知させる効果が高まる
  • 様々な認知層向けの広告

    ディスプレイ広告(純広告/リッチメディア)

  • 目にしやすい優良広告枠に配信=認知層、ブランディングに有効
  • 記憶コンテンツ

  • 広告を読み物として掲載する手法
  • ユーザーに商品やサービスの機能、特徴などを理解してもらうため有効(グノシーなど)
  • 動画(動画広告、インターネットCM)

  • インストリーム広告:動画の頭の部分に入る広告
  • インストロール広告:動画領域をクリックやマウスオンした時に配信される
  • ソーシャルメディア

  • 広告媒体のフォーマットに合わせコンテンツの中に広告を送り込ませる手法(LINE FACEBOOK広告)
  • 本の紹介


    広告メニュー(第3章1-5まとめ)

    概要

    Webアナリストのテキスト第3章1-5をまとめました。第3章1-5では広告メニューについて学びます。

    すべての知識を「20字」でまとめる紙1枚!独学法ー本の紹介で勉強した方法で第3章1-2について概要をまとめました。


  • 目次
  • 概要
  • 第3章1-5で学ぶこと
  • 第3章1-5の概要
  • 本の紹介

  • 第3章1-5で学ぶこと

    広告出稿の際にはターゲットを明確にし、各箇所でどういった対策が必要になっていくかを学びます。

    第3章1-5の概要

    「認知層」「潜在層」「顕在層」にターゲットを分類し、広告メニューを考える。

    本の紹介


    集客パターンの整理5

    概要

    Web上での集客方法には大きく分けるとプッシュ型とプル型があります。と書きましたが、それ以外に興味関心の度合いによる整理方法も存在します。
    興味関心の度合いで「認知層」「潜在層」「顕在層」があり、今回はこの中の「認知層」についてまとめました。


  • 目次
  • 概要
  • 興味関心の度合いによる整理
  • 認知層
  • 認知層の広告手法
  • 本の紹介

  • 興味関心の度合いによる整理

  • 興味関心の高低で「認知層」「潜在層」「顕在層」に分類できます。
  • 認知層

  • 製品やサービスを知らないユーザー
  • 集客の目的→消費にゃサービスを知ってもらうこと
  • 無関心の新規ユーザーに広くアプローチ
  • 認知層の広告手法

  • ディスプレイ(純広告/リッチメディア)
  • 動画(動画広告/インターネットCM)
  • 記事(タイアップ広告/記事広告/ネイティブ広告)
  • SNS(ソーシャルメディア広告)
  • 本の紹介