広告評価の目的と視点「認知」

概要

広告の目的は、「認知」「誘導」「獲得」それぞれ「インプレッション効果」「トラフィック効果」「レスポンス効果」をきたいします。この中の「認知」について細かくまとめました。


  • 目次
  • 概要
  • 認知
  • 本の紹介

  • 認知

  • 確認すべき指標「インプレッション数」「リーチ」「フリークエンシー」

  • ブランディング目的でディスプレイ広告(バナー広告)を打っていると

  • インプレッション数・・・表示回数
  • リーチ・・・どれくらいの割合のユーザーに表示されたか
  • フリークエンシー・・・一人当たりに表示された頻度
  • ポストインプレッション・・・広告をmチアユーザーが後日起こした行動
  • 本の紹介


    広告評価の目的と視点(第3章1-3まとめ)

    概要

    Webアナリストのテキスト第3章1-3をまとめました。第3章1-3では広告評価の目的と視点を学びます

    すべての知識を「20字」でまとめる紙1枚!独学法ー本の紹介で勉強した方法で第3章1-2について概要をまとめました。


  • 目次
  • 概要
  • 第3章1-3で学ぶこと
  • 第3章1-3の概要
  • 本の紹介

  • 第3章1-3で学ぶこと

  • 広告の目的や評価方法、分析を学ぶ
  • 第3章1-3の概要

  • 広告の目的は「認知」「誘導」「獲得」がある
  • それぞれ効果指標が存在する
  • 本の紹介


    Web広告の3つの目的と効果

    概要

    Web広告の目的は、「認知」「誘導」「獲得」の3つがあり、効果は「インプレッション効果」と「トラフィック効果」「レスポンス効果」の3つです。今回はその中の「インプレッション効果」についてまとめました。


  • 目次
  • 概要
  • インプレッション効果
  • インプレッション効果詳細
  • インプレッション効果で確認する広告指標
  • 本の紹介

  • インプレッション効果

    インプレッション効果とは
  • ブランドや商品の「認知」を目的とした効果
  • インプレッション効果詳細

    インプレッション効果とは
  • 認知層に向けた「認知」を目的とする効果
  • 広告は見せるだけで一定の効果があります。
  • 広告により露出を高めることで認知やイメージ向上になります。
  • ブランディングを目的とし、広告を見られたことで得られる効果の事をインプレッション効果といいます。
  • インプレッション効果で確認する広告指標

  • Imp:Impression(広告表示回数)
  • チェックポイント:広告認知、ブランド好感度、購入意向率などの向上につながっているか
  • 本の紹介