質の高い流入を増やす

概要

流入は数が多ければよい分けではなく、回遊やコンバーションを意識して流入の質を上げる必要があります。
各ユーザー心理でどのような広告が必要か勉強しました。

  • 目次
  • 概要
  • 流入数
  • 認知層
  • 潜在層
  • 顕在層
  • 本の紹介


  • 流入数

  • 数が多ければいいわけではない。
  • 回遊やCVを意識して質を上げる必要がある。
  • ⇒ユーザー心理と流入元の特性を組み合わせて検討
  • ユーザーの3段階の心理(認知、潜在、顕在)に応じて広告や内容を使い分ける
  • 認知層

  • 商品やサービスを知らない人=商品、ブランドを認知してもらうことが目的
  • リーチを広くとり、ユーザーの目に触れるような広告コミュニケーションを行う。
  • 潜在層

  • 広告を見てサイトへ訪問
  • 商品に興味を持ってもらうことを意識した広告サイトへ誘導
  • 顕在層

  • ニーズが顕在化しているので具体的な内容が分かる広告やランディングページを使用する。
  • 本の紹介


    顕在層向けの代表的な広告メニュー

    概要

    顕在層向けの広告メニューには代表的なものがいくつかあります。
    今回は、顕在層向けメニューの役割やそれぞれどのようなものがあるのかをまとめました。



  • 目次
  • 概要
  • 役割
  • 顕在層向けメニュー
  • 本の紹介

  • 役割

  • コンバージョン=レスポンス効果の期待
  • 広告を見てWebサイトに誘導されたユーザーからコンバージョンを獲得するための広告手法が求められる。

  • (例)リスティング広告

    顕在層向けメニュー

    検索(検索連動型広告/リスティング広告)

  • 検索キーワードやフレーズに連動し結果的にテキストで掲載
  • 検索連動型(リスティング)広告とも呼ばれる
  • クリック課金(広告がクリックされると広告費が発生)
  • キーワードごと入札価格を設定、クリック単価*広告品質の高い順
  • (例)GogleAdwords

    ディスプレイ(アドネットワーク/DSP/コンテンツ広告)

  • 広告媒体のWebサイトを多数集めた「広告配信ネットワーク」を形成
  • 運用型広告
  • 少額で掲載可能
  • アドネットワーク・・・広告枠掲載料を持った媒体の広告枠をまとめて広告配信
  • DSP・・・複数の広告配信ネットワークをまとめて1mp(インプレッション)単位で広告配信をコントロール
  • コンテンツ広告・・・自社の商品やサービスに関連性の高いコンテンツに広告表示
  • アフィリエイト(成功報酬型広告)

  • 実行したコンバージョンに応じて広告費を支払う手法
  • 口コミによる情報技術拡散が期待できる
  • 紹介文はアフィリエイターが作成
  • 広告主がメッセージ内容のコントロールや把握は難しい
  • メール(DM型/広告/ダイレクトメール/メルマガ)

  • チラシやDMなどの広告をEメールで配信
  • アプリ(CPI/広告/リワード広告)

  • アプリ内に広告を掲載
  • ユーザーがアプリをダウンロードすると広告費が発生
  • ソーシャルメディア

  • 広告媒体のフォーマットに合わせコンテンツの中に広告を送り込ませる手法(LINE FACEBOOK広告)
  • 本の紹介


    広告メニュー(第3章1-5まとめ)

    概要

    Webアナリストのテキスト第3章1-5をまとめました。第3章1-5では広告メニューについて学びます。

    すべての知識を「20字」でまとめる紙1枚!独学法ー本の紹介で勉強した方法で第3章1-2について概要をまとめました。


  • 目次
  • 概要
  • 第3章1-5で学ぶこと
  • 第3章1-5の概要
  • 本の紹介

  • 第3章1-5で学ぶこと

    広告出稿の際にはターゲットを明確にし、各箇所でどういった対策が必要になっていくかを学びます。

    第3章1-5の概要

    「認知層」「潜在層」「顕在層」にターゲットを分類し、広告メニューを考える。

    本の紹介


    集客パターンの整理6

    概要

    Web上での集客方法には大きく分けるとプッシュ型とプル型があります。と書きましたが、それ以外に興味関心の度合いによる整理方法も存在します。
    興味関心の度合いで「認知層」「潜在層」「顕在層」があり、今回はこの中の「潜在層」と顕在層」についてまとめました。


  • 目次
  • 概要
  • 潜在層
  • 潜在層の広告手法
  • 顕在層
  • 顕在層の広告手法
  • 本の紹介

  • 潜在層

  • すでに商品を知っているユーザー
  • 欲してはいない、知っているだけ。
  • 集客目的→興味関心を引き商品やサービスへの必要性を感じてもらう
  • 潜在層の広告手法

  • ディスプレイ(アドネットワーク/DSP/コンテンツ広告)
  • アフィリエイト(成果報酬型広告)
  • メール(DM型広告/ダイレクトメール/メールマガジン)
  • アプリ(CPI広告/リワード広告)
  • 顕在層

  • 目的が明確なユーザー(見込みの高いユーザー)
  • CVの見込みが高い
  • 集客目的→すでにニーズが顕在化しているユーザーへの効率的な広告提供。コストを抑え集客が可能
  • 顕在層の広告手法

  • ディスプレイ(アドネットワーク/DSP/コンテンツ広告)
  • アフィリエイト(成果報酬型広告)
  • メール(DM型広告/ダイレクトメール/メールマガジン)
  • アプリ(CPI広告/リワード広告)
  • 本の紹介