意図のある施策の作り方

概要

意図のある施策とは、仮説やそれを受けての行動などでどこまで改善が可能かが開始前に設計された施策です。

意図のある施策とは

  • 直帰率の低下をKPIと設計し、ランディングページのABテストを施策として行うことにした場合
  • どのような題材を用意してテストするかを考える
  • AB2種類の訴求方法の仮説を考える
  • どのような仮説が立ち、次のABテストのパターンはどうするか先に考える
  • 先回りした思考がないと一度だけのテストで終わってしまったり効果が低いテストを繰り替えすことになる
  • 改善できる部分が少なくなっていくため数値の改善率は回を重ねるごとに薄れていく
  • 事前に検証スケジュールを決めておく

  • 検証をしないため、施策がやりっぱなしになる
  • それを回避するためあらかじめ「毎週水曜日直帰率をチェックする」などのようにスケジュールに組み込んでおく
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。

    施策をやりっぱなしにしないには

    概要

    開始前の設計が不十分だと、施策がやりっぱなしになることがあります。
    自分もこれをする!あれをする!って書いたもののやれているかな?って思うものが多々ある気がしています。
    今回は、なぜやりっぱなしになってしまうのかをまとめました。

    施策の設計を元に検証を行う

  • 施策のぱりっぱなしは多い
  • やりっぱなし=検証をしない
  • 検証しない施策には、成長性がなく発展性がない
  • なぜ、施策をやりっぱなしにしてしまうのか

  • 検証のルールやその後どうするかを考えていないため
  • 施策はKPIを達成するために行う。
  • 施策ごとにKPIとなる指標を達成できているかを測定すべき
  • 測定をしっかり行うには

  • KPI定義書を作成し定期的に計測
  • 施策の中の細かい工夫の検証がされないためKPIの成果だけで判断するのは不十分
  • 施策検討に「ABテスト」

    ABテストとは

  • 二つの異なるものを用意しどちらが良いかを測るテスト
  • テスト結果を生かすためには、「この結果がよければどのような仮説がたてられるか」を考えて行う
  • 「なぜ」こうなるのか「なぜ」この数値なのかと言ったことを常に考えるようにする
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。