GAP分析

概要

売上(KGI)や購買プロセス(KPI)の数値的側面のみではなく、マーケテイングの基本的な戦略で検討した内容を振り返り、戦略通り伝わっているのか分析することをGAP分析といいます。

GAP分析

  • 効果測定として重要なこと→誰が、何を、どのような理由で購入しているのかを確認
  • マーケテイングの基本戦略で考えたターゲット、ターゲットのニーズ、ベネフィット(機能と情緒)USPが戦略通り伝わっているかを分析
  • ターゲットの購入実態調査

  • 商品購入者は誰か?

  • 調査方法

  • 店舗、営業部門など販売チャネル保有企業→アンケートやヒアリング
  • 自社会員保有→顧客管理システムなどで分析
  • それらがない企業→調査会社からPOSデータなど購買データを購入したり、別途リサーチを依頼

  • RFM分析

  • 購入者を「Recency(直近いつ)、Frequency(頻度や回数)、Monetary(購入金額)の観点でランク付け
  • 顧客ランクはマーケティング施策が変えられることが前提です。ランクが違っても実行する施策が同じであればランク分けの意味がない
  • 購入理由を確認する

  • 購入理由を聞くことでどのようなニーズを抱えていたか確認できる
  • 満足度や購入意向が高い銅貨を知ることで、売り上げ減少リスクを事前に察知できる