Googleのビジョン

概要

SEO検定という検定を見つけ、4級を受験することにしました。

Googleのビジョンについて勉強しました。


  • 目次
  • 概要
  • Yahoo!JapangaGoogleを採用
  • その他の有力検索エンジンと市場シェア
  • ユニバーサルサーチ
  • 細分化されたSEOへの対応
  • 本の紹介


  • Yahoo!JapangaGoogleを採用

  • 2010年までYST(Yahoo Search Technology:独自の検索エンジン使用)
  • 以降はGoogleを採用
  • 90%自覚のシェアをGoogleが獲得
  • その他の有力検索エンジンと市場シェア

  • 残りのシェアをMicorosoftが運営するBingという検索エンジンが持つ
  • Gogleを参考にしている
  • ユニバーサルサーチ

  • すべての情報を検索可能にする
  • Webだけでなく画像、地図、ニュースなど多様な形態のコンテンツが検索可能
  • 細分化されたSEOへの対応

    SEOの対象範囲は次のように拡大するようになりました。
  • WebページのSEO
  • 画像のSEO
  • 地図のSEO
  • ショッピング情報のSEO
  • 書籍情報のSEO
  • モバイルアプリのSEO
  • 本の紹介

    Googleの技術的特徴2~アップデート~

    概要

    SEO検定という検定を見つけ、4級を受験することにしました。

    Googleの技術的特徴としてポイントになるワードを勉強しました。

  • 目次
  • 概要
  • Googleアップデート
  • パンダアップデート
  • パンダアップデート後の変化
  • 本の紹介


  • Gogleアップデート

  • 非公開のGoogleのアルゴリズムが熟練のSEO実施者に見破られた
  • その結果、質が悪いサイトでも上位表示にこうかのある被リンクを集めることで上位表示されるようになった。
  • ⇒上位表示に効果のある被リンクを集める=SEOと誤解されるようになった。
    ⇒この状況の打開のため、3つのアルゴリズムのアップデートを実施

    パンダアップデート

  • コンテンツの品質に関する評価を厳しくするアップデート
  • パンダアップデート後の変化

  • 他のサイトの文章をコピーした独自性の低いコンテンツは順位が下がる
  • 同じドメインのサイト内で同じような内容のページは順位が下がる
  • ⇒コピペや文章を使いまわすサイトは上位表示されない。

    本の紹介

    Googleの技術的特徴1

    概要

    SEO検定という検定を見つけ、4級を受験することにしました。

    Googleの技術的特徴としてポイントになるワードを勉強しました。

  • 目次
  • 概要
  • Gogleの誕生
  • ページブランク
  • クローラー
  • インデックス
  • アルゴリズム
  • 代表的なGogleのアルゴリズム
  • 本の紹介


  • Gogleの誕生

  • 1997年誕生
  • ロボット検索
  • ページランク

  • ページランクという技術が特徴
  • Web上のページに割り当てられる評価スコア
  • 被リンク元の数と質で計算(外部リンクが多い方が質が高い)
  • クローラー

  • ネットの情報を収集するロボット
  • Webページ間に張られたリンクを辿ることでサイトを検出しスキャン
  • インデックス

  • クローラーが収集したデータはリボジトリという場所に置かれる。
  • そこからインデックスデータベースで検索しやすいよう分類される
  • アルゴリズム

  • プログラムの処理の流れをアルゴリズムという。
  • SEOでは検索エンジンロジックと言われる。検索順位の査定方法の事

  • コンテンツの独自性
  • 代表的なGogleのアルゴリズム

  • コンテンツの独自性
  • 外部ドメインからのリンク数と質
  • ドメインの評価
  • Webページ内のキーワードの書かれ方
  • Webサイト全体でのキーワードの書かれ方
  • URLにどのような単語が含まれているか?
  • Webサイトのトラフィック(アクセス数)
  • 本の紹介

    googleリスティング広告を出稿したがコンバーションされない!理由を探る

    概要

    過去2回、リスティング広告を出稿したことがあります。PV増加にはつながりましたが、コンバーションにはつながりませんでした。
    そこで理由を探ります。


  • 目次
  • 概要
  • 原因
  • クリック率
  • クリック率の改善方法

  • 原因

  • 1日の予算設定額が低すぎる
  • 入札価格が低すぎる
  • キーワードの検索ボリュームが少ない
  • キーワードのマッチタイプがよくない
  • *マッチタイプ=部分一致、フレーズ一致感ぜにっちなどがあり、完全一致だと表示回数が減る。
  • 広告の品質がよくない
    ⇒キーワード事品質スコアが決められていて低いと広告が表示されない。
  • クリック率

  • リスティング広告のクリック率は高い程いい
  • 改善すると、見込み客の訪問が増える。
  • クリック単価が下がる。
  • クリック率の改善方法率

  • 複数広告を設定(googleは3つ以上の広告作成を推奨)
  • 広告表示オプションの設定
  • アドカスタマイザーを使う
  • 入札単価を上げて掲載順位を上げる。
  • Googleアドセンスの収益を分析

    概要

    2020年5月から8月までの3か月の間で、8月以外は多少の収益がありました。そこで、むしろ8月はなぜなかったのかを、ブログの内容から検証していきたいと思います。

    Googleアドセンスの収益結果

    収益PVユーザー数
    5月18円1023124
    6月286円857232
    7月39円32771
    8月0円38376

    5月のブログ

    カテゴリ件数タグの無SEO関連
    SEO5件5件5件
    イラスト0件0件0件
    ウェブ解析士5件5件4件
    プログラム1件1件1件
    マーケティング0件0件0件
    ライングッズショップ1件1件1件
    ラインスタンプ3件3件3件
    分析8件8件5件
    本の紹介0件0件0件
    活動内容18件18件13件

    6月のブログ

    カテゴリ件数タグの無SEO関連
    SEO0件0件0件
    イラスト0件0件0件
    ウェブ解析士0件0件0件
    プログラム1件0件1件
    マーケティング11件0件11件
    ライングッズショップ5件2件4件
    ラインスタンプ10件4件2件
    分析3件3件3件
    本の紹介0件0件0件
    活動内容4件3件4件

    7月のブログ

    カテゴリ件数タグの無SEO関連
    SEO0件0件0件
    イラスト7件0件7件
    ウェブ解析士2件0件2件
    プログラム0件0件0件
    マーケティング19件0件19件
    ライングッズショップ1件0件1件
    ラインスタンプ6件0件6件
    分析2件0件2件
    本の紹介0件0件0件
    活動内容2件0件2件

    8月のブログ

    カテゴリ件数タグの無SEO関連
    SEO0件0件0件
    イラスト3件0件2件
    ウェブ解析士0件0件0件
    プログラム0件0件0件
    マーケティング18件0件16件
    ライングッズショップ3件0件3件
    ラインスタンプ14件0件13件
    分析6件0件6件
    本の紹介0件0件0件
    活動内容7件0件7件

    わかったこと

  • PVが多ければ収益につながるわけではない
  • →広告をクリックされなければどれだけPVがあっても無意味
  • 6月は、FaceBookにした投稿がきっかけでPVが増えたと思われる。
  • →統計でいうところの外れ値
  • 7、8月を比べたところ、カテゴリ0件のものが8月の方が多い。
  • →単純に0件の数だけを見ると、6月も同じだが、6月はユーザー数が多くリカバリーされたのではないかと考えられる。
    →カテゴリ0件は3つに抑えてみよう。