PR

概要

PR(広報)は「第三者話法」という信頼できる第三者を通し、情報発信するコミュニケーションの手法になります。

PR

  • ニーズが細分化、多様化した現代、一律的に大量発信するマス広告は効率的な手段ではない
  • 情報も氾濫しており「何が正しく、どの情報を信じればわからない状態」
  • →信頼できるメディアやオピニオンリーダを通じ情報を発信することをPR(Public Relations)といいます。

    PRの定義と役割

  • パブリック=公、つまり社会
  • →社会は経営者や従業員と言う自社の関係者と顧客やパートナー企業、投資家、求職者、メディアなど様々な外部関係者で成り立っています。

  • すべての関係者と良好な信頼関係を作ることがPR活動です。
  • PRでは自分が主語ではなく第三者的なメディアなどが「価値がある」と判断した情報を発信してもらうことで信頼性を担保します。
  • 自社のPR

  • 自社だけが保有している、世に広く知られていない情報を届ける
  • メディア関係者に届ける必要がある
  • PR活動の基本

    概要

    PR担当が実践すべきなのは「メディアリレーションの構築」です、メディアニーズを理解し、ターゲットメディアを定めて自社の魅力をしっかり届ける必要があります。

    PR担当者の顧客

  • PRは第三者を通じ社会へ情報発信を行う活動
  • 担当者はメディア関係者に対し、定期的に情報提供を行う必要がある
  • 自社商品に興味をもってもらうためには関係者を顧客ととらえマーケティングを行う必要がある。