サイトpv数でみる、カテゴリ別のデータ遷移

概要

Googleアナリティクスでデータを取り始めてから3月までで各カテゴリのPVがどのような遷移をしているのかを確認し
今後力を入れたいカテゴリを考えていきたいと思います。

  • 目次
  • 概要
  • 月別PV遷移
  • 上の項目から分析できること
  • まとめ


  • 月別PV遷移

    表からわかる事

  • 「SEO、マーケティング勉強」は毎月投稿していますがPVの遷移は横這いです。
  • 「プログラム」は3カ月に1回投稿していますがPVの遷移は右下がりです。(-7PV)
  • 「ネットショップ」は9月から1月にかけて連続投稿していますがPVの遷移は11月がピークです。
  • 「WEBアナリスト」は3月から投稿しています。
  • 「分析」は8月、10、11月、1から3月に投稿していてPVの遷移は右上がりです。(+47.17PV)
  • 「本の紹介」は9、11、12、3月と投稿していてPVの遷移は右上がりです。(+16PV)
  • 「イラスト、ラインスタンプ」はPVの遷移は横這いです。
  • 「占い」は2、3月と投稿していてPVの遷移は右上がりです。(+11.5PV)
  • 上の項目から分析できること

  • 「分析」と「本の紹介のカテゴリはPVの遷移が順調に伸びているので、今後も需要が見込めそうです。
  • 「占い」は2月と3月のみの投稿ですがPVがダントツなので、興味を持ってくれた人が多そうだと予想できます。
  • ⇒今後、この3つのカテゴリに特に力を入れることがPVを増やすことにつながるのではないかと考えられます

    感想

    このブログのメインは「SEO、マーケティング勉強」でここで学んだことを「ネットショップ」運営につなげてアクセサリの販売やラインスタンプの販売を行おうと考えていたのに、まさかの最も力を入れていた「SEO、マーケティング勉強」と「イラスト、ラインスタンプ」のPVが横這いだったと知り、頭抱えています。

    SEO、マーケティング勉強」は内容が小難しいし他のブログと似たような投稿になっている。 「イラスト、ラインスタンプ」はシンプルに絵がうまくないことが原因かな?

    googleリスティング広告を出稿したがコンバーションされない!理由を探る

    概要

    過去2回、リスティング広告を出稿したことがあります。PV増加にはつながりましたが、コンバーションにはつながりませんでした。
    そこで理由を探ります。


  • 目次
  • 概要
  • 原因
  • クリック率
  • クリック率の改善方法

  • 原因

  • 1日の予算設定額が低すぎる
  • 入札価格が低すぎる
  • キーワードの検索ボリュームが少ない
  • キーワードのマッチタイプがよくない
  • *マッチタイプ=部分一致、フレーズ一致感ぜにっちなどがあり、完全一致だと表示回数が減る。
  • 広告の品質がよくない
    ⇒キーワード事品質スコアが決められていて低いと広告が表示されない。
  • クリック率

  • リスティング広告のクリック率は高い程いい
  • 改善すると、見込み客の訪問が増える。
  • クリック単価が下がる。
  • クリック率の改善方法率

  • 複数広告を設定(googleは3つ以上の広告作成を推奨)
  • 広告表示オプションの設定
  • アドカスタマイザーを使う
  • 入札単価を上げて掲載順位を上げる。
  • 検索エンジンに評価される記事を書く4つのポイント

    概要

    PVが横ばいです。2020年の3月からサイトを始めましたが、気持ちいいくらいに横ばいなので、PVが上がらない理由とどうすればいいのかを調べました。


  • 目次
  • 概要
  • PVが上がらない理由
  • 成長する記事を書くには
  • 感想

  • PVが上がらない理由<

  • 新記事が検索エンジンに評価されない
  • ブログを成長させるには「検索」される記事を書く必要がある。
  • 成長する記事を書くには

  • Gogleサジェストやキーワードを調べて、複合キーワードでブログを更新
  • 記事が評価されているかどうかを3か月を目安で考える
  • 中身がある。読者がすぐに使える情報がある
  • タイトルや記事構成を考える
  • 感想

    調べた結果、色々なサイトで同じようなことが書かれているという印象です。

    複合キーワードの選出を実際やってみました。
    「SEO」や「マーケティング」をテーマにサジェストをみたり、キーワードを調べましたが、逆に多すぎてどうしていいかわからなくなりました。

    中身があるか読者がすぐに使える情報か?については修正余地がありそうです。

    投稿したブログを後日ブログ投稿で使った端末と別の端末(パソコンで投稿したらスマフォ)で確認してみると「これ読みにくい」や「誤字」の発見ができます。それと同時にすぐに使える情報があるわけではないなぁっと。

    せめて頭に入りやすくまとめることを心がけようと思いました。

    CottonPotのPV変化を見る

    概要

    アクセサリーショップ「CottonPot」で毎週金曜日にブログを上げています。
    ブログを上げていない日と上げた日のPVの遷移を見ていきたいと思います。


  • 目次
  • 概要
  • それぞれどのような特徴があるか
  • グラフからわかること
  • 結論

  • 1月のPV遷移

    上の図は、1月にブログを毎週金曜日に上げたい際のPVの変化になります。
  • 1/8(金)にブログをアップし10(日)にPVが上がっています。
  • 1/15(金)にブログをアップし、16日土曜日に上がっています。
  • 1/22(金)にブログをアップし、その後は上がっていません。
  • グラフからわかること

  • 10日、15日にブログSNSで発信
  • 16日参考にする本を買ったことをSNSで発信
  • 22日はブログ更新について何も発信しませんでした。

  • 結論

  • SNSを通じての流入が多いことがうかがえます。
  • 流入元を調べてみると、SocialがOrganic Searchの1.6倍差があることが分かりました。
  • ソーシャルの参照元を見てみると、Twtitterが一番多く、FacebookとInstagramも少々ありました。

  • ここから、改善点としてブログ更新時の発信をTwtitterでしかやっていなかったので、FacebookとInstergramでも行おうと思います。
    また、行動フローをみてみると、ブログをみて離脱してしまう人が多かったので、ブログからアクセサリーページのリンクを貼ってみようと考えています。

    開設1年経過

    概要

    このサイトを開設して1年が過ぎたので、振り返って反省点などをまとめてみました。


  • 目次
  • 概要
  • 振り返り
  • PV遷移
  • ランディングページ
  • まとめ

  • 振り返り

    上の画像は、一年前初めて上げたブログ記事です。
    カテゴリを見てみると、当初に掲げたコンセプトはまあ、ぶれずにこれたかな。

    PV遷移

    上の画像は、一年間のPV遷移を月ごとで表したグラフです。
  • 5月、がピークでそこから加工し、7月から21年2月までで約200PVの上昇が見られました。
  • ランディングページ

    ランディングページを見てみると、勉強していたマーケティング関連の言葉が1,2にありますが、3番目と6番目にwin win wiinがありました。

    SNSからの流入の中でTwtitter経由が最も多く、Twtitterで呟く内容が「ブログの更新」「Win Win Wiinの感想」「お笑い芸人キングコング」「カジサック」についてが多いためと考えられます。
    続いて、今年に入ってからのSNSからのランディングページを見てみました。
    カジサックを数秘術で勝手に占ってみたが4番目に、西野亮廣さんを数秘術で勝手に占ってみたが6番目にあります。

    「勝手に占ってみたシリーズ」は今後も続けたいと思っていたので、上位に来てくれてちょっと安心

    まとめ

    色々勉強はしてきたつもりですが、実践していきたいので、少し前にもともとBASEで運営していた こちらに追加しました。

    今後も変わらずブログ更新を続けていく予定です。よろしくお願いいたします。

    2020年のPV及びセッションの動きを振り返る

    概要

    2020年のPV及びセッションの月平均を表にしました。
    表及びグラフから読み取れたことをまとめました。
  • 目次
  • 概要
  • PV、セッションとは。
  • まとめ
  • PV、セッションとは。

  • PV(ページビュー):サイトの特定ページが何回見られたかを示す。
  • セッション:特定のページへの訪問数(制限時間ないならば同一ユーザーはカウントされない)

  • PV、セッション表、グラフ

  • 上の表とグラフは、2020年のPVとセッションの月平均を表しています。
  • サイト運営は3月から開始されました。
  • 4月に一度PVもセッションも落ち込むものの5月でピークを迎えます。
  • 7月から12月にかけ、PVもセッション数も緩やかに上昇しています。
  • 8月以降は偶数月にデータが落ち込むものの全体的に右上がりの傾向が見られます。
  • まとめ

    3~6月はサイト運営して初期の方のため、積極的に検索上位にあげてくれるようなことがあったのかな?と予測します。
    その後、7月くらいから落ち着いて、正常なデータが取れだし、そこから12月までの約半年は、緩やかではありますが、右上がりにPVもセッション数も増えていることがわかります。

    PV1桁の記事から悪いところを学ぶ!

    概要

    PV100以上の記事から分析!集客のコツでは、PV100以上のブログ記事を基に100PV 以上の集客ができるようになる記事の書き方を分析しました。今回は逆にPVが少ない記事を見ていき悪い部分を探してみたいと思います。
  • 目次
  • 概要
  • PV一桁台の記事一部
  • まとめ
  • PV一桁台の記事一部

    PV一桁台の記事の一部を上記表にまとめました。

  • 勉強内容をまとめたものや、ただラインスタンプなどの紹介をしているだけのものが多い
  • タイトルもキーワードを並べているだけで「!!」のような煽りも具体的な数字も入っていない
  • まとめ

    主観ですが、こうしてPVの少ない以前のタイトルを見てい見ると読んでみようか?と思えるタイトルではないものが多いと感じます。まずユーザーさんが目にするのはタイトルなので、ここがPV増減の差につながっていきそうです。

    PV100以上の記事から分析!集客のコツ

    概要

    過去投稿したブログ記事のうち100PV 以上のものが3件ありました。
    今回はその3件の記事が何故、100以上のPVを獲得できたのかを考えていきたいと思います。

  • 目次
  • 概要
  • PV100以上のデータ一覧
  • まとめ
  • PV100以上のデータ一覧

    100PV以上を取得で来た理由を以下のように推測しました。

    3/15、タイトルの付け方を工夫

    『ユーザーの興味がわかる3つの項目!滞在時間、セッション数、コンバージョン。』

  • 「○○がわかる〇個の項目」のようなユーザーの興味を引くタイトルの付け方

  • 5/25、Amazonアソシエイトに興味がある人が多い

  • Amazonアソシエイトに興味がある人が検索過程で見つけた
  • amazonアソシエイトについて調べました。

    9/28、内部リンク

    山下にゃんこさん、試作
  • 内部リンクもSEO対策の一つになると聞きます。この記事はそれがある為PVが増えたのでは?
  • まとめ

    以上のことから、PVを増やす記事の書き方は
  • タイトルには具体的な数字を入れ、前半部分で何についてかわかるように書く
  • キーワードプランナーなどを使い、興味を持たれているキーワードを抽出する。
  • 関連した記事の内部リンクを貼る
  • だと考えられます。
    SEO関係の様々なブログに書かれていた内容とも合致するため、可能な限り守っていきたいと思います。

    収益とPVセッション数、ユーザー数の関係

    概要


    時々、Googleアドセンスから収益があります。とは言え、高くても100円くらいですが。
    今回は、収益とPVやセッション数、ユーザー数との関係を表にして探っていきたいと思います。

    このブログは、以下の目次のような構成になっております。
  • 目次
  • 概要
    PV30以上ユーザー数2桁
    PV30以上ユーザー数1桁
    収益の発生したデータ
    PVが増える理由
    まとめ

    PV30以上ユーザー数2桁


    上記表からわかること。
  • ユーザー数とセッション数が似た数字でPVが多い

  • ざっくりした表現ですが、上のようなことが分かります。解釈間違いだったら申し訳ないですが、ユーザー数とセッション数(訪問数)が同じくらいということは、ほとんどの人が一回だけ訪問したということになります。
    またPVがそれに比べて多いのは、一度の訪問でサイトに興味を持ってくれた人が他のページも閲覧してくれたと考えられます。

    PV30以上ユーザー数1桁


    上記表からわかること。
  • ユーザー数とセッション数に開きがあり、PVが最も多い

  • 1人のユーザーが何度か訪問し、かつ他のページも閲覧した。ということではないかと考えられます。

    収益の発生したデータ


    上記表からわかること。
  • ユーザー数が一桁台でセッション数も同様位の値でPVが高いとき、収益が発生する

  • データ不足感は否めませんが、上記表からは以上のような仮説が立てられるかと思います。

    PVが増える理由


    PV30以上ユーザー数1桁の表を見てみると、「山下にゃんこさん試作」が以上にPVが高いのが見受けられます。そこで、このページを確認してみたところ、内部リンクがされていたので、他ページへ飛びやすくPVが増えたのかと考えられます。
    また、この時リンクしていたのは、「かわいい」を数値化するというブログで数回にわたり書いていました。

    以前からSEO対策に内部リンクが有効というのは知っていましたが、如実に表れたのは今回が初めてでした。
    理由としては、
  • リンクがリスト的に複数になっていなかった
  • 「かわいい」というフィジカル的なものを数値化しようという企画に興味を持たれた

  • の二つが挙げられるのではないかと考えられます。

    まとめ

    収益が発生するのは、広告がクリックされたときです。広告がクリックされるには、まず物理的に複数回広告が表示される必要があります。
    複数回広告が表示されるということは、たくさんリンクを飛んでくれる必要があり、必然PVの増加が大切であると考えられます。
    しかし、PV30以上ユーザー数1桁のようにたくさんの人が一度だけ色々見てくれて終わりでは次につながらないので、やはり少数ユーザーで複数回多数訪問してくれることが理想なのではないかと思われます。

    Shore_tailのPV分析

    概要

    3月14日にこのサイトを立ち上げて半年近くたちました。そこでPVの遷移を確認し考察していきたいと思います。

    PV遷移

  • 3月から始まり5月がピークで7月まで減少しています。
  • 7、8月は横ばいです。
  • PV減少理由を考察

  • 3~6月は、立ち上げて3か月はできたばかりと言うことでGoogleのロボットが積極的に取り上げてくれた?
  • 7月にPVが落ち着いたためそこから9月までPVが横ばい?
  • ユーザー数遷移

  • 4~6月まで右上がりです。
  • ユーザー数は5、6月と右上がりでPVは5、6月と下がっています。
  • →6月はFaceBookの投稿に反響があったのがきっかけで流入が増えたと思います。

    各月の上位記事を確認

    4月

  • 『えんとつ町のプペル』(主題歌) Covered by キングコングが50万再生以上された理由
  • キングコングの西野さんの絵本「えんとつ町のプペル」の企画について書いています。

    5月

  • 宮迫さんがロコンドのCMに出られた理由を分析してみた。
  • 宮迫さんのCM出演について、書いています。

    6月

  • ラインスタンプ試作で「西野」を考えた
  • ラインの苗字スタンプで「西野」の試作を考えた時の記事です。

  • 上位記事を確認すると4~6月とキングコングさんと宮迫さんの記事を書いています。
  • 以降はからめた記事がありません。
  • 7~9月は同じくらいのPVで横ばいです。
  • サイトへの流入

  • 流入元を見てみるとTwitterが最も多く見られました。
  • 以前Twitterでいいねが付いているものを調べてみた。でいいねが2以上のものを調べたところ、キングコング関連ばかりでした。
  • カジサック(梶原雄太さん)を見ている人と宮迫です!を見ている人はダブっていると考えられます(多分)
  • まとめ

    以上を踏まえて考えてみると、
  • Shore_tailへの流入はTwitterが多い
  • kishio715のTwitterはキングコング関連で反応してもらうことが多い。
  • →キングコングや宮迫さんなどお笑い好きの人が見に来てくれていることが多い?