アウトソーシングSEO

概要

SEO検定という検定を見つけ、4級を受験することにしました。

アウトソーシングSEOについて勉強しました。


  • 目次
  • 概要
  • 具体的なSEO対策方法
  • アウトソーシングSEOのメリット
  • アウトソーシングSEOのデメリット
  • 本の紹介


  • 具体的なSEO対策方法

  • すべてを外注(アウトソーシングSEO)
  • 自社内で実施(インハウスSEO)
  • アウトソーシングSEOのメリット

  • SEO会社と契約することで即時実施可能
  • 社内スタッフの養成費用がいらない
  • 最新技術を持ったスタッフが実施してくれる
  • アウトソーシングSEOのデメリット

  • 自社にSEOの技術が蓄積されない
  • 成功報酬方式の場合成果が出るほど高くなる
  • ネット集客を外部依存することになる
  • 情報漏洩のリスクがない
  • 本の紹介

    インターネットの誕生

    概要

    SEO検定という検定を見つけ、4級を受験することにしました。
    そのため、テキストを基に勉強を始めます。

    初回は「インターネットの誕生」知っているよ!と思いましたが、実は前身は1960年からあったり、今の形のインターネットすら、1970年からあったり、意外と知らないことも多くありました。

  • 目次
  • 概要
  • インターネットの誕生
  • 本の紹介


  • インターネットの誕生

    ARAPANET=インターネットの前身

  • 1960年代軍事目的で開発
  • 世界初のパケット通信によるコンピュータネットワーク

  • 万が一重要な情報を持つコンピュータが一か所にしかない場合、そこを攻撃されると全データが消失する
  • ⇒「コンピュータを複数に分散し、データを生き残そう」というコンセプト

    本の紹介

    SEO検定

    概要

    SEO検定という検定試験があるらしい。
    SEOについて勉強するため立ち上げたブログなので勉強することにしました。

    そのため、これ以降SEO検定の項目をまとめたものも上げていこうと考えています。
    とりあえず今回は、SEO検定がどのようなものか、各級ごとの特徴や合格率など まとめていきたいと思います。

  • 目次
  • 概要
  • SEO検定とは
  • 各級ごとの特徴まとめ
  • 合格率は?
  • 感想
  • SEO検定とは

  • 一般社団法人全日本SEO協会が主催している検定試験
  • SEO検定とはブログ運営等で必須となるSEOについて学べるWEBマーケティングの資格
  • 4級から1級まで存在
  • 受験資格不要
  • 合格ラインは8割
  • 各級ごとの特徴まとめ

    4級

    全日本SEO協会のページを参照しました。
  • SEO全体の把握
  • SEOの勉強を始めるうえで出てくるインタネットの用語や技術用語の理解
  • Webの仕組み、検索エンジンの仕組み、Googleの特徴等その根本的な概念について理解
  • 3級のベース知識になる。
  • 3級

    全日本SEO協会のページを参照しました。
  • SEOで重要な、目標キーワードの設定やサイト内部改善技術について学べる
  • 集客できるキーワード選定について理解
  • Googleがサイトの中身をどのように評価するか
  • 検索順位が向上するサイト内部の改善方法について
  • 2級

    全日本SEO協会のページを参照しました。
  • Googleが高く評価するコンテンツ制作方法について
  • 効果的なリンク対策とソーシャルメディア活用方法
  • 効果測定と競合調査の実務について
  • 1級

    全日本SEO協会のページを参照しました。
  • モバイルSEO,ローカルSEOをマスター
  • 検索順にの回復方法
  • トップレベルのSEO技術の取得
  • 合格率は?

    2017年合格率 2018年合格率(10月まで)
    1級87%89%
    2級86%84%
    3級91%73%
    4級89%79%

    感想

    1級から4級まで級があり、どの級の知識も欲しい!と感じました。
    評判もあまり悪くはなさそうで、SEOの知識が取得できていい!という意見を多数見かけました(不評を見つけられなかっただけかもしれませんが・・・・。)
    SEOやWebマーケテイングについて勉強しているブログを運営していることもあり、受験してみようと思います。

    SEOの本を読了。今後どう生かす。

    概要

    「いちばんやさしい新しいSEOの教本」を読んで、SEOの勉強をしていました。 読み終わりましたので、 すべての知識を「20字」でまとめる紙1枚!独学法ー本の紹介で学んだフレームワークを使い この本から学んだこと、そして今後どう生かしていくかなどまとめたいと思います。


  • 目次
  • 概要
  • この本から学んだこと
  • なぜSEOが重要か
  • アクセサリーショップ「CottonPot」運営にどうつなげる?
  • まとめ

  • この本から学んだこと


    この本を読んで、SEOについて学びました。特に記憶にとどめておきたいと感じたのは、下記3点です。
  • キーワードプランナーなどのツールを使用し人気や濃さなどを調査しブログに活かす

  • 訪問者の目的を意識してキーワードを選ぶ
  • サイトがターゲットとする訪問者を意識する。

  • やもすると、自サイトは自分の書きたいこと使いたい言葉であふれてしまいます。自分ファーストではなく、見に来てくれる人を第一に考える。何かしらの問題解決を考えこのサイトにたどり着いた人のニーズにあっているのかを考えることは大切だなと感じました。

    なぜSEOが重要か

  • 認知されないとどれだけ自信を持ったコンテンツでも届けることができないため。
  • 検索上位に自分のサイトを上げるため
  • アクセサリーショップ「CottonPot」運営にどうつなげる?

  • キーワードプランナーなどのツールを使用し関連キーワードの調査を行う
  • 抽出したキーワードをもとにブログを作成しSEOにつなげる
  • 過去に行ったペルソナ設定のデータを元に訪問者の目的を推測する
  • SEOの苦手分野はSNS(ソーシャルメディア)がカバー

    概要

    SEOだけではリーチできないビジネスも存在します。また、SEOだけではお客との関係性を深めることが難しいです。その解決のためにSNSが存在します。

    【目次】
  • 概要
  • 潜在客にアピール
  • 良質なインバウンドリンクの条件
  • SNSは情報や会話が伝搬される。
  • 本の紹介
  • 潜在客にアピール

  • SEOは目的をもって検索してくれる訪問者にしかリーチしません。
  • 検索してくれない訪問者にはアピールができません。
  • SNSでは情報拡散効果で潜在客へアピールができます。
  • 投稿でユーザーとの関係性を深める。

  • TwitterとFacebookが代表的なSNSになります。
  • SNSは情報や会話が伝搬される。

  • SNSは人対人、人対企業で行われているやり取りが見えることが特徴です。
  • 第三者が商品の良さをアピールしたりしてくれます。
  • 情報が伝搬し、拡散される可能性が強いです。
  • 本の紹介


    検索ニーズの背景に注目

    概要

    キーワードはSEOにおいて最も大切な要素です。検索するユーザーの意図へのフォーカスが重要になっています。

    【目次】
  • 概要
  • 検索されないキーワード
  • 検索意図をとらえる
  • 本の紹介
  • 検索されないキーワード

  • 訪問者は、こちらが想定したキーワードで検索するわけではありません。
  • キーワードとは検索で実際に使われる言葉です。
  • キーワードを入れて、空白を開けた時サジェストで補完される候補が実際に検索されるワードです。
  • 検索意図をとらえる

  • 訪問者のキーワードであることが大切です。
  • 検索数の人気度だけではなく、「検索意図」つまり背景を探ることが重要です。
  • 訪問者の意図の探り方

  • 派生語から探る
  • 例:「花粉症」
  • 派生語:「花粉症 メガネ」のようなキーワードの事
  • 花粉症:総合情報がヒット
  • 花粉症 メガネ:ECサイトや製品サイト(購入目的がありそうなワードのため)
  • →検索結果はユーザーのニーズを反映したものになっています。

    検索意図の3つの分類

  • ナビゲーショナル(案内型):社名やサービスなど固有名詞が主
  • インフォメーショナル(情報収集):悩みを解決したいというニーズ
  • トランザクショナル(取引型):購入ニーズのワード
  • →SEOを考える上で大切なのはインフォメーショナル型とンザクショナル型です。

    本の紹介


    テンプレート作成

    概要

    サイト全体が整理されていたら、SEOの対策も効率的に行えます。

    【目次】
  • 概要
  • SEO対策のテンプレート
  • 本の紹介
  • SEO対策のテンプレート

  • テンプレートとはサイト内で使用する同じデザインページのことです。
  • ある程度テンプレートとしてまとまったページがあると修正や運用が楽になります。
  • 本の紹介


    検索エンジンの仕組み

    概要

    インターネットで調べ物をする際に、Yahoo!やGoogleと言った検索エンジンを使用します。SEOはその検索時に上位表示させるための手段です。今回はその検索エンジンの仕組みについてまとめました。

    【目次】
  • 概要
  • データベースを利用している
  • 検索結果の表示方法
  • 本の紹介
  • データベースを利用している

    日本で主要な検索エンジンは、下記の3つです。スマートフォン検索の場合IphoneとAndoroidは両社ともGoogleno検索結果を表示します。

    主要な検索エンジン

  • Yahoo!
  • Google
  • Bing
  • 検索結果の表示方法<

  • クローラと呼ばれるシステムが世界中のサイトを自動的にチェックします。
  • それらを「キャッシュ」として保存します
  • 何について書かれているか、どこへリンクされているか、どこからリンクされているかなどの評価でデータベース化(インデックス)
  • ユーザーがキーワードの検索を行います。
  • 検索エンジンはキーワードに合ったサイトを探しだします。
  • ユーザーの目的に合っていると思われる順番に表示されます。
  • →検索結果に自サイトを表示するためには、まずインデックスされる必要があります。

    本の紹介


    テーマ性を意識してサイトの構成を考える

    概要

    Googleの検索エンジンは専門的で権威があり信頼できるサイトを重視します。

    【目次】
  • 概要
  • サイトのテーマを明確化する
  • 本の紹介
  • サイトのテーマを明確化する

  • 専門性の高いサイトはテーマが明確なのでSEO効果も出やすいです。
  • SEO評価の指標

  • サイトのテーマページで使われているキーワード
  • どんなサイトからリンクされているか
  • どんなサイトをリンクしているか
  • サイトの構造化

  • 関連したページを以下に置く構造にして構造認識させます
  • 本の紹介


    実践!「ブログ記事のキーワードを対策」

    概要

    ブログ記事のキーワードを対策で書いた方法を元にして、ブログの組み立てをやってみようと考えました。
    いざやってみると、本を読んでさらっとまとめた以上に難しいことが分かったのでまとめておこうと思います。

    【目次】
  • 概要
  • キーワードを抽出
  • Googleでキーワード検索
  • 感想
  • 本の紹介
  • キーワードを抽出

    ブログの記事に書くキーワードを抽出します。
    Shore_Tail自体は、「マーケティングやSEOなどを勉強してまとめ、副業にいかすこと」がコンセプトです。そこからキーワードの候補は「SEO」「ホームページ作成、SEO」「サイト アクセス分析」があげられます。

    Googleでキーワード検索

  • 「SEO」「ホームページ作成 SEO」では、SEOとは何か?費用はいくらかといったサイトが表示されました。
  • 「サイト アクセス分析」では、アクセス解析ツールについてのサイトがトップでした。
  • 感想

    この後、派生語ツールを使い段落を考えようとしたところで、つまりました。
    その上で感じたのは、キーワードを見て何を書こうか考えるのではなくて、自分が書こうとしたことに対してマッチするキーワードはどれなのか?と考えた方が書きやすいのかなという印象を受けました。

    本の紹介