Twtitter広告

概要

Web広告にはGoogleアドセンス以外にもSNS上に出せる広告があります。今回Twtitter広告について調べてみました。

  • 目次
  • 概要
  • Twitter広告
  • Twitter広告の種類
  • Twitter の広告メニューは3つ
  • 感想
  • Twitter広告

  • 魅力は即時性と拡散力
  • 数週間以上の投稿実績があるTwitterアカウントでないと、広告アカウントを作成できないので注意
  • 配信された広告は、「いいね」や「リツイート」されることで、広告に反応した人のフォロワーにも広まる。
  • ⇒広告によっては、予算以上の話題の広がりが生まれる可能性がある。(二次拡散性が強い)

    Twitter広告の種類

  • 「オートプロモートを設定する」と「Twitter広告を設定する」2つがある
  • オートプロモート⇒月額9,900円で継続的に広告を配信するプラン
  • Twitter の広告メニューは3つ

    プロモツイート

    タイムラインに表示される Twitter 広告で、フォロワー外を含めた投稿の閲覧数(リーチ)を伸ばしたり、コンバージョンを増加させたり、投稿に対するクリックやいいね、リツイートなどの反応数(エンゲージメント)を増やす目的でおこないます。

    プロモアカウント

    フォロワー数の獲得を目的とした Twitter 広告です。

    プロモトレンド

    24時間の表示で、タイムラインや検索タブ内にある「おすすめ」の二番目や「トレンド」の一番目に表示される Twitter 広告です。プロモツイートに比べ大きいキャンペーンやイベントを宣伝する目的で使用します。

    感想

    Twitter広告は、拡散力が魅力の一つとされていることから、フォロワー数が多ければ 宣伝効果は高まるということが推測される。Google広告のほかに気になっている広告の一つなのでもう少し調べてみようと思った。

    広告以外の集客方法~その他~

    概要

    広告以外の集客方法には、メールマガジンやブログ、SNS、プレスリリースや動画などがあります。 それぞれどのようなものなのかまとめました。


  • 目次
  • 概要
  • メールマガジン
  • メールマガジンの集客役割
  • ブログ
  • SNSの活用法
  • プレスリリース
  • 動画
  • 本の紹介

  • メールマガジン

  • 自社サイトへの誘導を行い、サイト内でのコンバージョンを達成させる集客メディア
  • メルアドが分かれば、直接相手に働きかけられる。
  • メールマガジンの集客役割

  • 見込み客の確保
  • 既存の顧客フォロー
  • ブログ

  • 投稿記事から自社サービスなどへ誘導
  • 即効性はないので長期的な運営が必要
  • SNSの活用方法

  • 企業ページを作成しブラントの向上を期待
  • 商品開発のためのリサーチ
  • 商品のファン化
  • ユーザーを顧客かしやすいメリットがある一方良いことも悪いことも爆発的に拡散するデメリットがある。
  • プレスリリース

  • 新商品やサービスをプレスリリースとして提供
  • ニュース等で紹介されることを通じ集客
  • 動画

  • Youtubeにチャンネルを作成し企業の公式ウェブサイトへリンク設定
  • 本の紹介


    Twtitter広告

    概要

    Web広告の中にはSNS広告という物があります。私のサイトの流入はTwtitterからが多かったので、Twtitter広告について調べました。

  • 目次
  • 概要
  • Twitter広告
  • Twitter広告の種類
  • Twitter の広告メニューは3つ
  • 感想
  • Twitter広告

  • 魅力は即時性と拡散力
  • 数週間以上の投稿実績があるTwitterアカウントでないと、広告アカウントを作成できないので注意
  • 配信された広告は、「いいね」や「リツイート」されることで、広告に反応した人のフォロワーにも広まる。
  • ⇒広告によっては、予算以上の話題の広がりが生まれる可能性がある。(二次拡散性が強い)

    Twitter広告の種類

  • 「オートプロモートを設定する」と「Twitter広告を設定する」2つがある
  • オートプロモート⇒月額9,900円で継続的に広告を配信するプラン
  • Twitter の広告メニューは3つ

    プロモツイート

    タイムラインに表示される Twitter 広告で、フォロワー外を含めた投稿の閲覧数(リーチ)を伸ばしたり、コンバージョンを増加させたり、投稿に対するクリックやいいね、リツイートなどの反応数(エンゲージメント)を増やす目的でおこないます。

    プロモアカウント

    フォロワー数の獲得を目的とした Twitter 広告です。

    プロモトレンド

    24時間の表示で、タイムラインや検索タブ内にある「おすすめ」の二番目や「トレンド」の一番目に表示される Twitter 広告です。プロモツイートに比べ大きいキャンペーンやイベントを宣伝する目的で使用します。

    感想

    Twitter広告は、拡散力が魅力の一つとされていることから、フォロワー数が多ければ 宣伝効果は高まるということが推測される。Google広告のほかに気になっている広告の一つなのでもう少し調べてみようと思いました。

    CottonPotを3C分析

    概要

    『SNSで人を集める』という本を読んで、まず最初は3C分析を行い自社の強みを抽出し、コンセプトなどを作っていくとありました。今まで読んだ本のなかで最もわかりやすく、細かく3C分析の方法が載っていたので、手順通り進めていってみたいと思います。

  • 目次
  • 概要
  • 3C分析とは
  • CottonPotの3C分析
  • まとめ
  • 本の紹介
  • 3C分析とは

  • 顧客、競合、自社の観点から分析
  • 経営戦略上の課題を導く分析ツール

  • 顧客(Customer)

    下のサイトから、見込み客の悩みを30個抽出します。
  • 同業者の出版した本のレビュー「こんな悩みを解決しました」などみつける
  • Yahoo!知恵袋や教えてgooなど相談系のサイトで関連キーワードで検索し悩みを見つける
  • 競合(Competitor)

    下のような手順で、他社の見込み客や強みを抽出します。
  • Yahoo!やGoogleで「関連キーワード」で検索
  • 似たようなコンセプトのサイトを抽出
  • 特徴を書きだす。
  • 自社

  • ポジショニングマップを作成し、各社の位置づけを明確にする
  • ポジショニングマップ・・・市場における自社の立ち位置を明確にし、マーケティング戦略を策定する手法

    CottonPotの3C分析

    顧客(Customer)

    見込み客の悩みをピックアップし、共通を抽出しましたところ、以下のような悩みが存在することがわかりました。
  • 手ごろ(安い)な価格のものがたくさん欲しい
  • 合わせ方、おしゃれの仕方を知りたい
  • プレゼントにほしい
  • など

    競合(Competitor)

    「アクセサリー 通販」でブランド名を調べ、「ブランド名 ブログ」で口コミを検索しましたところ、見込み客や強みを以下のように推測しました。
  • 見込み客:20~50代
  • 強み:丁寧な対応、安さ、品質
  • 自社

    以上のことから、ポジショニングマップを作成しました。
    x軸には品質、y軸には価格。競合は以下のような特徴のショップを見つけました。
  • A社:400円位 値段のわりには品質が高いが不良品も多い
  • B社:~3000円 かわいいものが多い リピータも多い
  • C社:~200円 安くて長持ち、壊れてもあきらめがつく
  • D社:1500~3000円 品質よい
  • B社とD社は値段が1500円以上かつ品質がよいようなので右上
  • A社は値段が安く、口コミから値段からすると納得という品質の印象だったので真ん中の下の方
  • C社は値段が安く、壊れてもあきらめがつくということだったので左下にしました。
  • まとめ

    競合と比べて空いている場所は、右下「品質が良く 価格が安い」でした。

    品質はプロにおまかせなので、担保されるとして価格を1000円から高くても2500円位で抑えられないかなと考えています。

    ということで、図の位置に自社をおいてみました。

    本の紹介


    流入経路について学ぶ

    概要

    PVやユーザー数をUPするためには、認知を上げる必要があります。多くの人に知ってもらいサイトに流入してもらうために、流入経路はどのようなものがあるかまとめました。


  • 目次
  • 概要
  • 流入経路
  • 外部サイトにリンクを貼ってもらうには
  • 自サイトで最もみられているページ

  • 流入経路

    ウェブ解析士にもさんざんでてきましたが、流入経路には以下のようなものがあります。

  • Organic Search:検索エンジンからの流入
  • Paid Search:広告からの流入
  • SNS:TwtitterなどのSNSからの流入
  • 外部サイト:他のサイトにリンクを貼ってもらいそこからの流入
  • 直接流入:ブックマークからの流入

  • この中で、キーワードを考えたりマメなブログ更新といったものはOrganic SearchのSEO対策になります。
    こちらはずっと行っているつもりですが、成果がでてくるのも時間がかかると言われます。

    今回は、外部サイトにリンク(被リンク)を貼ってもらうにはどうしたらいいかを調べました。
    明確な結論はでなかったので、引き続き調べていきたいと考えています。

    外部サイトにリンクを貼ってもらうには

    ネットで調べたところ、以下のような項目が見つかりました。
  • ユーザーニーズを理解
  • コンテンツを深堀
  • コンテンツの整理
  • SNSで拡散


  • 正直いって、「~という掲示板にはるとアクセス数アップするよ」などといった情報を期待していました。
    全く見つかりませんでした。
    結局様々な本で読んだような上記の項目しかみつからなかったのでやはり、サイトのクオリティを上げるということが一番大切なのかという結論です。

    つまり
  • このサイトに来てくれる人の目的は何か?
  • このサイトで提供しているコンテンツは、見に来てくれた人の目的にあっているのか?

  • 大切なのはこの二つということになります。
    そこで次に自サイトで最もみてもらえてるページを調べました。

    自サイトで最もみられているページ

    自サイトで最もみられているページ上位3つは以下のようでした。
  • ブログ
  • ウェブ解析士のまとめページ
  • 活動内容

  • そんなに更新がないサイトだと、最もみられるページがトップページの事が多いので、ちょっとうれしい
    行動フローを見てみても「ブログ→ウェブ解析士→活動内容」離脱が多く見られました。

    この行動フローを辿る人の心理を推理すると
  • ブログを見る→マーケティングのプロかな?
  • ウェブ解析士→ウェブマーケティングもやってるのかな?
  • 活動内容→ただの素人かい!!離脱!

  • ってとこでしょうか?
    現在力を入れている活動はアクセサリーショップ「CottonPot」の運営なのですが、このサイトからの流入がほとんどありません。そんなところからも活動内容に魅力を感じられないという予想がされます。
    今後の課題として、魅力を感じられる活動を考えたいと思います。

    SNSで拡散するコンテンツを用意

    概要

    情報伝搬力を生かしたコンテンツを作成することでSNSでは集客ができます。

  • 目次
  • 概要
  • 興味を引きかつ継続的な関係も築く
  • 本の紹介
  • 興味を引きかつ継続的な関係も築く

  • SNSは情報がフロー型なのでどんどん新しい情報が流れていきます。
  • うまく訪問者の興味をひかないと読んでもらえないです。
  • 活用のポイントは興味関心の獲得、好感度のアップ、信頼性の向上です。
  • 本の紹介


    ソーシャルボタン

    概要

    心動かされたとき、SNSで共有したくなります。そんな時手軽にできるのがソーシャルボタンです。

  • 目次
  • 概要
  • ソーシャルボタンの設置
  • ソーシャルボタンは適切な位置に設置する
  • 本の紹介
  • ソーシャルボタンの設置

  • コンテンツのページにソーシャルボタンを設置すると、情報共有がスムーズです。
  • 自身が体験したことを共有したいときSNSを利用します。
  • 他の人にも知ってもらいたいときSNSを利用します。
  • ソーシャルボタンは適切な位置に設置する

  • ソーシャルボタンの利点はすぐにページのURLにメッセージを添えて共有できます。
  • 訪問者が探す必要のない分かりやすい場所に設置することが大切です。
  • コンテンツを読んで、共有したいタイミングで押せるようにページ下部に設置します。
  • 本の紹介


    SNSフォロワー数の増やし方

    概要

    『SNSで人を集める』という本に見込み客からフォローしてもらう方法がありました。
    実践したところ、Twitterのフォロワー数が900人程度から一日で1000人超えまでいき、「いいね!」の反応すうも増えたので、覚書としてまとめておきたいと思います。

  • 目次
  • 概要
  • 見込み客を探す。
  • 本の紹介
  • 見込み客を探す。

  • 自身の商品、サービスに関するハッシュタグを検索
  • 投稿を見つけた後、「いいね」している人をフォロー
  • →自身の商品やサービスに興味を持ってくれそうな人たちに直接アプローチができます。

    本の紹介


    SEOの苦手分野はSNS(ソーシャルメディア)がカバー

    概要

    SEOだけではリーチできないビジネスも存在します。また、SEOだけではお客との関係性を深めることが難しいです。その解決のためにSNSが存在します。

    【目次】
  • 概要
  • 潜在客にアピール
  • 良質なインバウンドリンクの条件
  • SNSは情報や会話が伝搬される。
  • 本の紹介
  • 潜在客にアピール

  • SEOは目的をもって検索してくれる訪問者にしかリーチしません。
  • 検索してくれない訪問者にはアピールができません。
  • SNSでは情報拡散効果で潜在客へアピールができます。
  • 投稿でユーザーとの関係性を深める。

  • TwitterとFacebookが代表的なSNSになります。
  • SNSは情報や会話が伝搬される。

  • SNSは人対人、人対企業で行われているやり取りが見えることが特徴です。
  • 第三者が商品の良さをアピールしたりしてくれます。
  • 情報が伝搬し、拡散される可能性が強いです。
  • 本の紹介