WWWの仕組み

概要

SEO検定という検定を見つけ、4級を受験することにしました。
そのため、テキストを基に勉強を始めます。

「wwwとwebサイトの登場」として、webサイトの歴史、「ISPとサーバー会社」としてインターネットに大切なプロバイダーとレンタルサーバーについてまとめました。

  • 目次
  • 概要
  • wwwとwebサイトの登場
  • ISPとサーバー会社
  • 本の紹介


  • wwwとwebサイトの登場

  • 1990年代、www(World Wide Web)が発表された⇒現在の一般的なインターネット
  • 1993年、最初のブラウザMosaic(モザイク)が誕生
  • 1995年、Windows95 InternetExplorer登場
  • ISPとサーバー会社

    ISPの役割

  • ISP:Internet Service Provider=プロバイダ
  • ネットワークの技術的な知識がない人や会社が低コストで利用できるネット接続サービスを提供する
  • レンタルサーバー会社の役割

  • 一定の安い料金を支払うことでサーバーの領域を貸し出し、手軽にサイト開設や情報発信をできるようにした。
  • 本の紹介

    Web広告の3つの目的と効果2

    概要

    Web広告の目的は、「認知」「誘導」「獲得」の3つがあり、「誘導」「獲得」の二つについてまとめました。


  • 目次
  • 概要
  • 誘導
  • 獲得
  • 本の紹介

  • 誘導

    誘導目的で広告を打つ際に確認する指標は、以下になります。
  • クリック数・・・クリックされた回数
  • クリック率・・・表示回数に対するクリックされた回数
  • クリック単価・・・クリックごとの費用

  • クリック数が多い→サイトへの誘導数が多い(インプレッション数が増えればクリック数も増える)
  • クリック率が多い→広告のクリエイティブの質を評価できる
  • クリック数が増えればCVも多くなる
  • 獲得

    ユーザー獲得目的で広告を打つ際に認する指標は、以下になります。
  • CV数・・・成果が達成された数
  • CV率・・・CVが達成された数
  • 顧客獲得単価・・・1回のCVを得るのにかかった費用
  • 本の紹介


    Web広告の指標

    概要

    Web広告にもたくさんの指標が存在します。

    広告の基本指標

    インプレッション

  • 広告が表示された回数
  • クリック

  • Web広告がクリックされた回数
  • CTR(Click Through Rate)

  • Web広告がクリックされた割合
  • CPC(Cost Per Click)

  • 1クリック当たりにかかるコスト
  • CVR(Coversion Rate)

  • コンバージョンに至った率
  • CPA(Const Per Action)

  • 広告経由で1CV獲得にかかった広告費
  • インプレッション効果

  • ユーザーの認知拡大や興味
  • フリークエンシー

  • 1ユーザーあたり何回広告が表示されたかを表します。
  • トラフィック効果

  • サイトへの誘導が目的
  • 重要指標:クリック、CTR、CPC
  • レスポンス効果

  • 購入や問い合わせ、資料請求などサイト上のアクションの獲得が目的です。
  • 重要指標:CV、CVR、CPA
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。

    Web分析、改善の第一歩は「会社」と「ユーザー」を知ること

    概要

    会社とユーザーを知ることで、より良いWeb分析や改善を行うことができます。

    会社を知る

  • 会社を知らなければWeb分析、改善どころか何の施策も行えません。
  • そのためには会社のWebの状況も把握する必要があります。
  • サイトの構造を理解し、どういったコンテンツがあってどのようなナビゲーションとなっているかをチェック
  • セッション数などの数値や推移は必ず知っておく必要があります。
  • Web広告の実施有無やツールの導入状況を知ることも大切です。
  • ユーザを知る

  • 商売の基本は誰に、何を、どう売るかです。

  • 顧客とは

  • 競合と比較した時に自社を最も評価してくれた人
  • →継続して評価してくれれば、その人はファンとなって企業は継続的な利益を得られます。
    →ユーザーを知ることができる最たるWeb特融のデータは気ワードです。

    参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。

    Webマーケティング活動の一部

    概要

    Webマーケティングとは、マーケティングの一部です。Webには独自の特徴がありそれを理解して戦略を立てることが重要になります。

    マーケティングとは

  • 企業の目標を達成するために経営戦略が作られます。
  • ヒト、モノ、カネをどう分配、配置するかを定めることが経営戦略になります。
  • 経営戦略のもとにマーケティングが存在します。
  • マーケティングは「売れる仕組みを作ること」です。
  • その仕組みを機能させるための何かを実行する必要があります。
  • 経営理念や経営ビジョン、経営戦略との一貫性を持った売れる仕組みがマーケティングです。
  • Webマーケティングとは

  • Web中心のマーケティング活動を指します。
  • 戦略と戦術

  • マーケティング戦略においてWebha戦術の一つ
  • 戦略は目標を達成するための道筋を考えること
  • 戦術は目標を達成するための手段
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。

    Web分析、改善のための5つの力

    概要

    Web分析には「情報収集」「情報発信」「仮説」「設計」「施策実行」の5つのスキルが必要になります。

    情報収集

  • 情報収集力
  • 収集した情報が必要かどうかの見極め力
  • 情報発信

  • 情報発信により、その情報に興味がある人が集まりさらに情報が集まります。
  • 発信することで、伝えるために整理するので自身の理解にも役立ちます。
  • 仮説

  • 情報から疑問点を見つけ結論を導き出す力、気付きを得る力です。
  • 設計

  • ゴールを定め道筋や方向性を決定する力です。
  • KPI(重要業績評価指標)を決定し測定する。
  • 施策実行

  • 施策を実行に移す力。
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。

    Web分析、改善が求められる理由

    概要

    スマフォの普及に伴い、企業のマーケティングの主戦場は、Webに移行しています。
    それに伴いビジネスの継続的な成長には、Webの分析、改善が必要不可欠となってきました。
    分析をせず戦略も立てないマーケティングでは、再現性がなく継続的な成長も望めません。

    戦略を立てるには

  • データを集め、区別し重要なものを抜き取ることで現状を正しく知る
  • この、区別をすることが分析の本質になります。

    スマフォ普及に伴う弊害

  • ユーザーの情報の取得先がテレビ、新聞からWebに変わったことで膨大な情報が取得できるようになった
  • それに伴い、ユーザーの行動が大きく変化し、分散されることになった
  • 自社のターゲットであるユーザーの行動や、どのようなアプローチが可能か掴みづらくなった
  • これを解消するためには、行動や趣味などを分析し、仮説を立て改善を繰り返す必要があります。

    参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。